ベルタ酵素

すべての生物が生きるために必要な栄養素が酵素です。

 

最近、テレビやインターネットで「酵素」が体に良いと聞いたことがありませんか?
そして、ダイエットにも有効だというので、酵素ダイエットのやり方なども注目を集めています。
どうして、酵素はこんなに注目を集めているのでしょうか。まさに、スーパーマンみたいですよね。
この最近、発見された酵素について、ご説明したいと思います。

 

実は、この『酵素』は近年発見されたものなんです。
そして、この酵素は人間が生きていくのに不可欠な物質であるということが分かってきました。

 

現代の栄養学では、炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラル、ファイトケミカル、水、
そして食物繊維が大切な栄養素とされていました。

 

また、近年、「酵素」の研究がすすみ消化や生きていくうえでの代謝にとって欠かせない
大切な栄養素だという事がわかってきたのです。
現在では第9番目の栄養素と呼ばれるくらいになっています。

 

今や、ビタミンやミネラルは、酵素を補助する補酵素と呼ばれるようになったくらいです。
この大切な酵素は、いままでタンパク質を摂ってさえいれば、
いつでも作られるものであると考えられてきました。

 

しかし、人間の体の中で一生の間に作られる酵素の量は決まっていて、
その全体量はひとりひとり違うということまでわかってきました。
ところが、この酵素は人間が生命活動を行うと消耗していきます。
体内で作られる酵素は限定的ですから消耗した分は、体外から補給しないといけません。

 

仮に、この酵素が不足してしまうと、病気になると酵素栄養学では
言われているほど大切な栄養素なのです。
従って、私たちは食事を通して酵素を補給して、いつも健康な状態に体を保つ必要があります。
また、厄介なことに、この酵素は加齢とともに減少していくことがわかっているのです。

 

体の中で作られる酵素には、2種類あります。
それは、「消化酵素」と「代謝酵素」です。

 

そのひとつ「消化酵素」の代表選手はアミラーゼで、中学で勉強した
記憶があると思いますが、でんぷんをブドウ糖に変える働きがあります。

 

もうひとつの「代謝酵素」は、あまり聞いたことはないと思いますが、
腸で吸収された栄養を体中の細胞に行き渡らせたり、有害なものを排出したり、
免疫力を高めたり、病気を治してくれたりするのです。

 

これら酵素は、消化の手助けとなるもので、野菜や、くだもの、肉など多くの食品に含まれます。
また納豆や漬け物などの発酵食品にも多く含まれていて、とても質の良いものとして、
世界中で注目をされています。

 

さて、これらの酵素がどういうところで消費されるかというと、消化酵素は文字通り、
食べた食事を消化するのに使われていきます。もし消化の悪い食事をしていると、
どんどん消化酵素が消費されていき、代謝酵素が少なくなっていってしまいます。

 

つまり、代謝酵素はエネルギー消費や細胞再生、免疫力向上に
使われないといけないのですが、消化に回ってしまいます。
この結果、加齢とともに酵素量が少なくなってきているところに、
消化が悪い食事をしていると代謝酵素が減少していき、体の代謝機能が低下して、
どんどん太りやすい体質となってしまいます。

 

ですから、酵素ダイエットのやり方というのは、
消化の良い食事に変え、更に、意識して「酵素」が多い食生活にしていくと言うことになります。

 

このように、酵素とは人間が生きていくうえで欠かすことのできない栄養素なのですが、
ダイエットにも深く関係した栄養素なのです。